ブランド品の買取をお考えの方へ ブランド品の買取をお考えの方へ

ダイヤモンドの買取査定基準4Cについて知りましょう

image

高価で美しい宝石と知られるダイヤモンドを買取して貰う際には、ただ買取業者に査定を依頼してそのまま売却するのではなく、査定基準について少しでも知識を持っておいた方が有利です。鑑定士と交渉する際にもこちら側がまるで素人でなないことをアピールしておくと、悪質な業者に安く買い取られてしまう心配もありません。

ダイヤモンドの査定基準は、大きく分けて4つの項目で鑑定され、総合的に判断してグレードが決められます。研磨Cut色Color透明度Clarity重量Caratの4つの項目はダイヤモンドの4Cと言われています。

ダイヤモンドを査定にだしませんか?買取ならこちら

ダイヤモンドのカットとは、石の質ではなく形を評価するものであり、カットした職人の技に対する評価です。現在最も高い評価となるカットがラウンドブリリアントカットという形であり、6段階評価でグレードが決められます。ダイヤモンドの色は、無色透明に近いほど高品質とされています。色の評価はアルファベッドのDからZで表され、現在最も品質が高いのがD評価となります。一般的にはD評価からH評価のダイヤモンドならば高品質とされています。ダイヤモンドの透明度は、鑑定士が肉眼で判別します。光を当ててキズや内包物があるかを見て、透明度が高い程光が良く反射します。評価は11段階ですが、鑑定士のスキルが重要になります。最後に重量はよくダイヤモンドのレベルを表す時にカラットとして一番使われている方法です。1カラットは0.2gとされ、重い方がより高品質とされています。しかしカットが悪いとカラット数が高くても美しい輝きが出ません。カットと重量は密接な関係があり、バランスが大切なのです。

ダイヤモンドを買取して貰いたいと思っている人の多くが、石としてではなく指輪やネックレスなどの装飾品を持っているものです。ダイヤモンドの鑑定というと鑑定士が石を見ているイメージがあり、装飾品は査定が可能か心配になります。しかし多くの買取業者では指輪やネックレスのダイヤモンドでも査定をして貰えます。素人が無理に外そうとすると石を傷つけてしまうのでやめましょう。