ブランド品の買取をお考えの方へ ブランド品の買取をお考えの方へ

ダイヤモンドの買取価格はこうすると高価に

image

ダイヤモンドの 買取には買取基準というものがあります。買取基準にはダイヤの4 C というものがあります。4 C というのはダイヤの買取に関する四つの基準を表しているものでそれぞれカラット、カラー、クラリティ、 カットというものがあります。

まず最初にカラットというのはダイヤモンドの重量のことを言います。ダイヤモンドの重量は実際に重さを測って決められます。よく重さではなく大きさであると勘違いしている方もいらっしゃいますが決してそうではありません。カラットは重さが大きければ大きいほど買取価格が上がります。

ダイヤモンドによっては重さがそれほどないものがあります。小さすぎて買取に値しないのではないかと思われがちですが、 ダイヤモンドには工業的な価値もあります。ダイヤモンドの工業的な価値というのは、研磨剤なのにダイヤモンドが含まれているからです。その他にも合金を作る時にもダイヤモンドの素材を使われます。

そのためどんなに小さいものであっても買取査定に持って行くことをお勧めします。お店によっては小さすぎるものは買取しないところもありますが、いくつかの店舗を回ってみることをお勧めします。

次にダイヤのカラーです。ダイヤモンドは基本的には、無色透明であればあるほどダイヤモンドとしての価値が高いとされています。しかし中には黄色みがかったものもあります。そういったダイヤモンドは少し価値が下がってしまいがちですが、黄色味が強いものであれば、また違った基準でのダイヤモンドの価値がつきます。青みがかったものなどもありますがそういったものも同じく、希少価値の高いものとなっています。

そしてクラリティというのはダイヤモンドの輝きを示すものです。ダイヤモンドの輝きは曇りが無く傷のないダイヤモンドの方が強いとされています。