ブランド品の買取をお考えの方へ ブランド品の買取をお考えの方へ

ダイヤモンドの買取ができないケース

image

ダイヤモンドは高額買取となりやすいアイテムとして知られていますが、中には買取が不可のケースがあります。今回は、ダイヤモンドの買取が難しい場合についてご紹介します。

変色していて小さい

ダイヤモンドの場合、無色透明であればあるほど価値が高いとされています。そのため、安いものや経年劣化しているもの、保存状態が悪いなどの理由で黄ばんでいたり、変色がすすんでいたりする場合、買取ができないこともあります。1カラット以下のダイヤモンドの場合は研磨ができないため、特に買取不可となることが多いでしょう。

鑑定書がついていない

ダイヤモンドに限らず、宝石を買取に出す場合には、基本的には鑑定書が必要です。鑑定書がなくても買い取ってくれる業者もありますが、中には、鑑定書がないダイヤモンドは買取不可としている所もあります。鑑定書を有料で発行してくれる場所もあるため、そのようなサービスを活用しても良いでしょう。

本体がない

例えば指輪やネックレスの場合、土台から外れてしまってダイヤモンドのみしかない、ということもあります。この場合でも買取対象となることはありますが、宝石と土台が一緒になっていないと買取不可になる業者も存在します。事前に業者に確認することをおすすめします。

これらのダイヤモンドを買取に出す場合には、このような商品でも買取OKな業者を見つけてみると良いでしょう。必ずしも買い取ってもらえないというわけではないので、すぐにあきらめる必要はありません。

買い取り実績のある店舗であれば、通常よりは安くとも、正当な価格で買い取ってくれる可能性があります。逆に、悪徳業者や宝石の取り扱いが少ないリサイクルショップなどの場合、本来であれば値段がつくはずなのに、タダ同然で引き取りとなってしまうこともありますので注意しましょう。